有料会員限定

自分をコントロールすれば緊急時でも着陸できる [秘密2 安産確保とパイロット不足]

印刷
A
A

小林宏之 元日本航空機長・航空評論家

2月に台湾でトランスアジア航空機が墜落。3月にフランスで独ジャーマンウィングス機が墜落。そして4月14日、広島空港で韓国アシアナ航空機が着陸失敗──。今年に入り、航空機の事故が毎月のように起きている。航空機メーカーの米ボーイング社の調査によれば、2013年までの10年間に起きた民間航空機事故の原因のうち操縦ミスが約4割と最も多い。乗客の命を預かるパイロットに求められるものとは何か。日本航空(JAL)元機長で航空評論家の小林宏之氏に聞いた。

こばやし・ひろゆき●1946年生まれ。68年、東京商船大学を中退し日本航空入社。81年機長昇格。2010年3月引退。現在は危機管理の専門家としても活躍。(撮影:尾形文繁)

特集「最強のエアライン」の他の記事を読む

──航空機の操縦ミスはいつ、なぜ起こるのでしょうか。

航空機事故は悪天候や機材トラブル、管制とのコミュニケーション不足など、複数の要因が重なって起きることが多い。特に注意を要するのは離着陸のときだ。パイロットの間では「クリティカル・イレブン・ミニッツ(最も注意すべき11分間)」と呼ばれる。飛行機は速度と高度が命で、離陸後3分、着陸前8分の計11分間は速度も高度もマージンが少なく、行うべき作業も非常に多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強のエアライン
[秘密7 客室乗務員]
[秘密6 ファーストクラス]
[秘密5 ビジネスクラス]
[秘密4 マイレージ]
[秘密3 燃油サーチャージ]
[秘密2 安産確保とパイロット不足]
[エアライン7つの秘密1 機内食産業]
[小松空港][富山空港]
[那覇空港]
[新千歳空港]雪が見たい!
地方空港で広がる
関西国際空港アクセス&interview
[関西国際空港] コンセッション2.2兆円
[成田空港] 成田初の格安航空会社専用
成田空港アクセス
[成田空港]空の玄関口の機能は健在
羽田空港アクセス
国際線拡張から1年 成田から羽田へ
スカイマークは挫折したが
ビジネスパーソン1833人に聞きました
好調支える独自の構造
総点検! 日系エアラインが生き残る道
総点検! 日系エアラインが生き残る道
アジアは残り1枠
日本は世界に勝てるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内