有料会員限定

最新トレンドは全席通路側 [秘密5 ビジネスクラス]

印刷
A
A
(イラスト:村林タカノブ)

ビジネスクラスの進化が止まらない。エアライン各社はハイエンド層をターゲットにしたサービス見直しに注力し、最近は従来のファーストクラスをしのぐ高級シートも続々と登場している。

各社の最先端をいくビジネスクラス──そのトレンドは、ズバリ「全席通路側」である。

「魚の骨」型や「ジグザグ型」も

ボーイング747や777などの大型機のビジネスクラスは、2本の通路を挟んで横1列に「2─2─2」の計6席をレイアウトするのが主流だった。しかし各社ともグレードアップを進め、それぞれ個性を打ち出してきた結果、最近は横1列が「1─2─1」の計4席のみというぜいたく極まるシート配置が登場している。「1─2─1」とはつまり、全席が通路側だ。

「プライバシーが守られるうえに、どの席からもダイレクトに通路に出られるので、トイレなどに立つ際も隣の乗客を気遣う必要がない」と利用者からの評価も高い。

全席が通路側となる「1─2─1」の各列4席配置だと、設置できるシート数は当然減ってしまう。このクラス特有のゆったりした広いシートピッチ(座席の前後間隔)のままでは、従来の「2─2─2」に比べて、単純計算で3分の2しか席数を確保できない。上級クラスの需要が伸びる中で、売れるのに供給量が足りないというのでは、みすみすビジネスチャンスを逃してしまう。そこで「1─2─1」配列を導入した各社は、それぞれ独自の工夫をシート設計に採り入れることになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強のエアライン
[秘密7 客室乗務員]
[秘密6 ファーストクラス]
[秘密5 ビジネスクラス]
[秘密4 マイレージ]
[秘密3 燃油サーチャージ]
[秘密2 安産確保とパイロット不足]
[エアライン7つの秘密1 機内食産業]
[小松空港][富山空港]
[那覇空港]
[新千歳空港]雪が見たい!
地方空港で広がる
関西国際空港アクセス&interview
[関西国際空港] コンセッション2.2兆円
[成田空港] 成田初の格安航空会社専用
成田空港アクセス
[成田空港]空の玄関口の機能は健在
羽田空港アクセス
国際線拡張から1年 成田から羽田へ
スカイマークは挫折したが
ビジネスパーソン1833人に聞きました
好調支える独自の構造
総点検! 日系エアラインが生き残る道
総点検! 日系エアラインが生き残る道
アジアは残り1枠
日本は世界に勝てるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内