タカタがエアバッグに使う火薬は安全なのか

拡散するリコール問題、火薬の専門家に聞く

――危険性を軽視して使っていたのではないでしょうか。

こんな事故は予見できなかった。公的な規制にのっとり、部品メーカーと自動車メーカーで開発を進め、試験の結果、大丈夫だと判断したはずだ。開発時点から危ないと思っていたわけではないだろう。

――タカタ以外はほかの材料(硝酸グアニジン)を使っています。こちらのほうが安全なのでしょうか?

 硝酸アンモニウムも硝酸グアニジンも火薬の材料として古くからあるものだ。硝酸グアニジンは転移がないので、そういった問題を考える必要がない。

――転移という性質がある硝酸アンモニウムを使うべきでなかったのでは。

 それは厳しいところだ。火薬は潜在的には危ないものだが、工程管理がしっかり行き届いていれば使いこなせる。

加速劣化試験に限界?

――問題は工程管理である、と。

 まだわからない。工程管理だけの問題なのか、実環境での長期間の使用には耐えられない設計上の問題なのか。

――設計上の問題とは。

 実環境で10年~15年使ってみる試験ができれば一番いいのだが、現実的にそんなことは出来ないので、加速劣化試験というのをやる。これはガス発生剤に限らない。加速劣化試験では、高温環境に長時間置くなど過酷な条件下で製品寿命を検証する。

当然、そういった試験はパスしているはずだ。が、こんな事故が出てきたということは、十分だと考えた試験が十分ではなかった可能性がある。今後、調査リコールを進めることでわかってくるのではないでないか。

――今回のリコール問題にどう対処すべきでしょうか。

 まずはすべての可能性を洗い出す。1つの原因に特定できないかもしれない。複数でもいいので、これを抑えれば大丈夫です、というところまで追い込まないと信用してもらえない。

そのうえで、工程管理の問題であったならば、安全な領域が確保できるように工程を見直す。チェック方法も変えないといけない。徹底的に管理できる体制を作る必要がある。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング