崖っぷちOL、MBAのトイレでシバかれる?!

エリートの巣窟で輝いた「非エリート」ならではの強みとは

そのときの衝撃ったらもう、母の腹から出て来て肺呼吸を始めたとき以来のショックである。さらにそこから月額約2万円の医療費を払っていたのだから、貧困は加速する一方。濃いエスプレッソは胃をキリキリと刺激する。

あれは、ちょっとした恐怖だった。ストレス解消と食費の節約を兼ねて、夜な夜なパンをこね、冷凍庫にたくさん保管して食いつないだ。原価率の低い粉もんの存在には本当に助けられた。が、あと何カ月かこれが続いたら、いよいよヤバいかもしれない。実家に戻ったところで仕事はあるだろうか?

そして、このまま未来が固定されて、私は一生、貧困女子だろうか?

それだけはイヤだったので、死ぬ気で転職活動をした。やっとの思いで次が決まり、初めてのお給料が振り込まれたときは、ひとりで祝杯を挙げた。よかった……生き延びれた、この東京砂漠で!

エリート一直線人生の同級生が、「転職したい、でも家賃補助もなくなるし、妻が反対するかもしれないし、でもやりたいし、うまくいかなかったら怖いし、でも、でも、でも……」なんて何カ月も悩んでいるのを見ると、思わず、「何じゃそりゃ、ズコーン」とひっくり返りそうだった。

確かに、生活水準が下がるのを恐れる気持ちはわかる。が、なんと高次元な悩み……。そこに転職したって、私の当時の給料よりずっといいし(っていうか今の私の給料よりいいくらいだ!)、退職金(当然ながら私はもらったことがない)が出るから当面の生活費には困らないだろうし、奥さんだってフルタイムで働いているので、すぐに生活が破綻することもない。

「ここは日本だから、失敗しても餓死はしないし、もし失敗しても、もう1度就職活動したら、あなたの経験ならすぐに決まると思う」「っていうか、月10万円もあれば生活していけるよ」と、そこそこ極端な意見で何度か背中を押した。

数カ月後、彼はずいぶん悩んだ末、転職した。今まで失敗したことなかったのかな……ちょっとうらやましかった。でも、手放すのが惜しいほどのものを会社から与えられてたってことだ。恵まれてるな……と少々ねたましくも思った。

一方で、私が最初から全部整った環境にいたらどうだっただろうか、と思う。今頃、MBAを取得するなんていう気持ちには絶対にならなかっただろう。結果オーライだから今では笑って話せるが、あのときに食べていたパンの味は、一生、忘れちゃ駄目だな、と思っている。2度と経験したくないけど

かんべみのりさんの新刊『マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本』好評発売中!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。