2015年は「肝試し相場」になる

総選挙後の株価の見方を教えよう

彼らの行動方法から考えて、GPIFの買いが主導して作った株価は、株価の適正価値に関する判断と無縁に形成された株価なのである。

普通の金利がわからず、バブルでバブルをはかることに

そこで、本来なら、ストラテジストやアナリスト(あっ、経済評論家も仲間に入れて下さい!)の出番になるわけだが、株価評価の重要な要素である、金利をどう見ていいのかがわからない点が、次なる問題として前方に立ちふさがる。

例えば、金利が自然に形成されているものなら、短期金利ないし長期金利を「リスク・フリーレート」と決めて、適当なリスク・プレミアムを設定し、利益なり配当なりの成長率を想定して、適正と思える株価を算出することができる。

この方法に最初に困惑が訪れたのは、日銀がゼロ金利政策を導入して、短期金利がゼロになってしまった時だった。

この時には、ある程度長い期間のライアビリティを想定して、市場で形成される長期金利をリスク・フリーレートと考えて、これに対するリスク・プレミアムを想定することにした。「運用にはある程度の期間がある」という考え方は不自然ではないし、長期金利が市場で自由に形成されている間は、この方法が機能するように思えた。債券運用に対する株式運用の相対的有利・不利を考えると解釈することもできた。

しかし、日銀による長期国債の大量買いが始まると、例えば、10年国債利回り(12月2日で0.415%)に対して、株式に想定出来る収益率が適正であったとしても、10年国債に対する「相対的有利・不利」としては判断出来ても、10年国債の利回り自体が不自然に低いなら、少なくとも10年国債が普通の利回りに戻った場合には、株価は明らかに高過ぎる状況になる。

いくらか刺激的な表現を許してもらうなら、「バブルでバブルを測っている」可能性がある。似た例としては、日本の1980年代後半のバブル期に登場した「Qレシオ」に近い感じか。あれは、バブル化した地価でバブル化した株価を測り「株価はまだ安い!」という説明に使われたものだった。

次ページもしかしたら、株価はすでに割高の可能性も?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT