2015年は「肝試し相場」になる

総選挙後の株価の見方を教えよう

11月30日に行われたジャパンカップは豪華メンバーだったが、なかなか印象的なレースだった。3連覇を目指したジェンティルドンナには着実に衰えが来ていて、スロー気味の展開の中早めに直線抜けだしかかったが、去年、一昨年のジェンティルではなかった。馬も、政権も、相場も、ピークと衰えを見極めることが大事だと思った。

加えて言うと、前日雨が降って微妙にソフトな府中の馬場は、切れ味を持ち味とするディープ牝馬に合わなかったように思う。4着のジェンティルドンナ、5着のハープスターもディープ産駒だ。

勝ったエピファネイアは、良いポジションを取りに行きながらも、道中掛かりそうな馬を抑え、直線で弾けさせたスミヨン騎手の好騎乗が光った。トップが変われば会社が変わるように、騎手が変われば馬が変わる。二世が多く、競争の甘い何やら日本の政治の世界にも似たJRA騎手よりも、外国人あるいは多くのレースで揉まれてハングリーな地方出身騎手の方が明らかにうまい。そういえば、わが国の首相も二世だけど、大丈夫か?

チャンピオンズカップの本命は、ホッコータルマエで

さて、レース名称と開催コースが変わり、今一つ馴染み感と有難味の感じられないGⅠだが、今週のチャンピオンズカップは、要は「ジャパンカップ・ダート」だ。本格的なGⅠだから地力が必要だが、中京の1800mなので、左回りが得意で、先行できるる馬が有利だ。

本命は地力があるホッコータルマエに期待する。前々走海外遠征の大敗と前走が冴えないが、実績はナンバーワンだし、ここに調子を合わせて来ると見る。

馬券的には本命とほぼ同格の扱いで対抗としてコパノリッキーを採る。先行出来る脚質は中京向きだし、今年本格化した4歳馬なので勢いがある。
 単穴にはスピードのあるベストウォーリア。距離が長い可能性があるが、左利きのコース適性と、1400メートルのレコードタイムが不気味だ。

以下、クリソライト、グレープブランデー、インカンテーションを押さえる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT