iPhoneとファナック結ぶ点と線


 ファナックが象徴するように、日本の工作機械メーカーは今、アジア特需で沸きに沸いている。08年秋のリーマンショック後、業界の受注額は一時、前年同月比8割減まで激減した。それが09年1月以降は右肩上がり。最盛期には届かないが、依然プラス成長を続け、今年は年間1兆円に達する可能性もある。

牽引役は外需、とりわけ需要旺盛なのがアジアである。中国向けの受注高は、今年7~9月に1年前の3・5倍まで膨張。さらにここ数カ月は「アジアのEMS(電子機器の製造受託サービス)からの引き合いが伸びた」(大手メーカートップ)。

が、すべての工作機械メーカーが恩恵を享受できるとは限らない。

今春。一部の工作機械メーカーが“特需”といえるスポット受注を獲得した。発注元は中国・台湾系のEMSだ。ノキアの携帯電話やソニーの薄型テレビ、アップルの「iPhone(アイフォーン)」などについて、彼らは受託生産を請け負う。

ただし、EMSから工作機械メーカーに対する注文は、大量かつ短納期。価格要求も厳しい。そのうえ世界最大のEMS、鴻海精密工業の労働者ストでもわかるように、低コストが売りのEMSも、近年は人件費高騰に悩まされている。新設備導入による省力化・合理化は喫緊の課題だ。「そうした要望に対応できる会社は少ない」(中堅メーカー首脳)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT