iPhoneとファナック結ぶ点と線


 日本国内に目を転じれば、企業の投資意欲は衰える一方。工作機械メーカーが高い成長を保つには、今後も新産業や新興国向けの戦略が不可欠だ。

今や生産能力と技術、財務力で他を圧倒するファナックだが、それもiPhone生産などで急拡大するEMSが、膨大な需要を吐き出したからこそ。一時のITブームに傾斜するリスクをはらみつつも、快進撃は当面止まりそうにない。

(小河眞与 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2010年12月4日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

◆ファナックの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT