「カジノ×五輪」は最強の観光客誘致策

3大シンクタンクが読む2015年の日本<第3回>

そもそも、日本でカジノ・IRの導入機運が高まるきっかけとなったのは、「観光立国」を目指す政府の方針と、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催決定であった。安倍政権は観光立国の実現を成長戦略の柱のひとつに選定し、2020年に向けて訪日外国人数を現在の約2倍の2000万人にする目標を掲げている。

カジノビジネスをそのための起爆剤にすることをもくろみ、オリンピック開催を機にIRを本格始動させたいという考えである。

カジノはその目的に応じて、「外貨獲得型」「地域振興型」「国内エンターテインメント型」の3種類に分類することができる(妹尾雅夫・中村圭介「カジノと観光産業」『価値総合研究所 Best Value vol.05 2004.4』による分類)。

たとえば、世界最大級のカジノ市場を有するマカオは、カジノを基幹産業として位置づけ、外国人観光客から外貨を獲得することを主目的としているので「外貨獲得型」である。IR先進国として注目されるシンガポールは、観光産業の目玉として位置づけ、地域活性化を目指しているので「地域振興型」、ドイツやイギリスは、国民の余暇需要を充足することを一義的目的としているので「国内エンターテインメント型」に、それぞれ分類される。

日本で導入を目指すカジノは、シンガポールなどのような「地域振興型」である。カジノ単体ではなく、ホテルやショッピングモール、エンターテインメント施設、MICE(M=企業会議、I=企業などの行う報奨・研修旅行、C=国際会議、E=展示会・見本市の頭文字を取ったもの)を併設した統合リゾート施設の開設・運営が、地域経済の振興に寄与するものと期待されている。

シンガポールのカジノが成功した理由

カジノ・IRの分野において、シンガポールは成功事例のひとつと称されている。ただし、そのシンガポールにおいても、カジノの合法化は1980年代より続いてきた長年の懸案であった。急展開を見せたのが2004年のことであり、首相に就任したリー・シェンロンがカジノ導入に向けて舵を切ったことで、2005年に合法化に至った。

1980年代、シンガポールはアジアの観光地として圧倒的な存在感を発揮していたが、その後、アジアの都市間競争が激化したことで、観光産業の国際競争力低下への危機感が強まっていた。こうした状況下において、カジノ解禁が実現に至ったのである。

次ページ経済効果は4兆円以上!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT