「毎日5分でOK」のスマホ転職は定着するか

検索機能なしの転職サイトに4000社が集ったワケ

お薦めされる会社について、ユーザー側にまず表示されるのは写真1枚と1行のキャッチコピーのみ。ユーザーはその中から関心を持った企業に絞って、詳しい情報を調べることができ、実際の求人に応募もできる。使えば使うほどユーザーの潜在ニーズに応じた企業がお薦めされるような仕組みにもなっている。

従来型では若い層にリーチできなかった

ビズリーチは主に30代以上の管理職向けの会員制転職サイト。2009年のサービス開始から5年で約36万人が登録するサービスに育ったが、若い人材にはほとんどリーチできていなかった。そこで若手向けの転職ニーズ対象とした転職サービスを展開していくに当たっては、従来とは異なる発想の仕組みが必要と判断。キャリアトレックが生まれた。

キャリアトレックが競合相手と想定するのは、リクルートの「リクナビNEXT」やインテリジェンスの「DODA」、エン・ジャパンの「en」などといった転職サービス大手のほか、ウォンテッドリーやGreen(グリーン)などの新興企業となる。

転職という人生の重要な選択をスマホで進めていくとは、なんとも今の時代らしい話で、収益性は未知数。だが、ビズリーチによると、キャリアトレックはサービス開始1年での黒字化が視野に入っており、2015年には15万~20万人規模の会員数を目指すという。ビズリーチの関執行役員は「転職自体は軽いことではないが、気軽に初めてもらい時間をかけて多くの選択肢の中から、志望先企業を慎重に選んでほしい」と話している。

たとえば10年前を振り返れば、ネットを使ったとしても求人情報はみずからかなり積極的に探さなければ見つからなかった。そもそも求職者と求人企業をうまく結び付けることは簡単な話ではなく、昨今は人手不足も指摘される中で、技術の進歩がもたらした企業と求職者の新しい出会い方に約4000社が集っているのも一定の合理性がありそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT