ガンディーの経済学 倫理の復権を目指して アジット・K・ダースグプタ著/石井一也監訳 ~「第三の経済学」の全貌を鮮やかに描き出す

ガンディーの経済学 倫理の復権を目指して アジット・K・ダースグプタ著/石井一也監訳 ~「第三の経済学」の全貌を鮮やかに描き出す

評者 橋本 努 北海道大学准教授

 インド独立の父として知られるマハートマ・ガンディー。彼の経済思想をコンパクトにまとめた好著が出た。

市場原理主義でもなく、福祉国家論でもない。まったくオリジナルな「第三の経済学」という発想が、ガンディーの信念を貫いている。これまで闇に包まれてきたが、本書はその全貌を、遺された膨大な手紙や新聞論説類から鮮やかに描き出す。

たとえばガンディーは、健康な身体をもつ貧者は「ただのランチ」を食べてはいけないという。基本的なニーズを一度他人に依存してしまうと、捨てることができないからである。他方で成功した実業家も、貧者に恵んではならない。慈善行為は結局、貧者を怠けさせ、偽善や犯罪を生み出してしまうからだという。ガンディーは実際、物乞いと施しの両方を「罰すべき罪」にすべし、と提唱した。

かといってガンディーは、国家に福祉政策を期待したわけでもない。経済的平等主義に対しては批判的で、発言からすると彼は、90倍程度の所得格差を容認していたようである。ガンディーは保健や教育についても、国家から自立した機関を作るべきだと考えた。たとえば当時、税収の3分の1が酒税であるような国家が初等教育を運営することは、倫理的に正当化できないとみたわけである。

では、どうやって貧しい人々を助けるのか。ガンディーの主張には、およそ三つあるだろう。一つは「スワデーシー(国産・地元産)」を優先して、外国製品を退けること。これによって労働者たちにも仕事が回り、自立して食べていくことができる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。