「安心」や「買い物の楽しさ」を磨き、グーグルと差別化する--田中実・カカクコム社長

「安心」や「買い物の楽しさ」を磨き、グーグルと差別化する--田中実・カカクコム社長

--グーグルが商品価格比較サービス「グーグル・ショッピング」を開始したことをきっかけに、カカクコムの株価が急落した。直近高値の49万9000円からは約25%も低い水準で推移している。投資家はカカクコムの先行きを懸念しているように見える。

グーグルのサービスは自分自身でもいろいろ試してみた。今のところ、グーグルと当社の「価格.com」のサービスではかなりコンセプトや使い勝手も違っており、足元では競合しないと考えている。実際に、サービス開始後もページビューには特段の変化が見られず、依然として好調に推移している。むしろ、グーグルが話題になったことで、価格.comと使い比べて見ているのか、プラスの影響があるようだ。
 
 店舗側についても、退店などのマイナスの影響は出ていない。グーグルにも情報を提供し始めた店舗もあるが、とりあえずは様子見といったところではないか。

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


--巨大なグーグルにどう対抗するのか。

価格比較ではこれまでも多くの競合が現れたが、勝ち抜いてきた。そのときと同様に、自分たちの強みを磨いていくだけだ。具体的には、消費者に喜ばれるサービスを提供することに尽きる。
 
 グーグルはテクノロジーをベースとした検索エンジンの会社だ。それだけに、今回の「ショッピング」もテクノロジーで収集したデータをシンプルに並べた作りになっている。それはそれで優れている。
 
 ただ、日本のネットショッピングでは、単にデータを並べただけでなく、口コミや評価、関連商品など、いろんな情報を表示させた、”にぎわい感”のあるインターフェースが好まれる傾向にある。
 
 リアルのお店でも、米国ではスケールは大きいがシンプルで画一的なショッピングセンターが隆盛だが、日本では商店街のにぎわいのほうが好まれる。ネットにもそういった傾向があるようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。