知識を潔く捨ててこそ、ミステリーが解ける--『宇宙は何でできているのか』を書いた村山斉氏(東京大学数物連携宇宙研究機構長・特任教授)に聞く


──所属の数物連携宇宙研究機構という組織は知られていません。

英語名が先についた。略称はIPMU(イプムー)。宇宙を研究するための天文学、素粒子物理、数学の専門家をそろえた研究所で、2007年10月発足と新しい。常勤の研究者は約90人おり、半分以上が外国人だ。文部
科学省の世界トップレベル研究拠点プログラムで生まれた。

──ご自身はアメリカと往復しているとか。

ある事情があって、カリフォルニア大学バークレー校と雇用関係がある。向こうの物理学科で授業をしている。今度の春学期は「量子場の理論」がテーマ。相対性理論と量子力学を連結した、この研究所で使っている理論の枠組みのようなものだ。

──研究所は15時に研究員が集まるコーヒーブレイクがあるなどユニークです。アメリカ流ですか。

建物にも交流のための工夫をしている。研究には、社交もできないような四角四面の人間が集まって、それこそ気持ちとか思いとかが入り込む余地がない、客観性だけの抽象的な世界というイメージがある。しかし、IPMUではまったく違う。

そこでの研究は人間的な作業で、英知を集めて議論し、一方で肉体労働でも汗水をたらす。そして競争しながら、「ミステリー中のミステリー」を解いていく。この本で、そういう人間的活動を垣間見ていただけるとうれしい。

──ご自身を「素粒子の語り部」と評しています。

科学の研究は素粒子に限らず、どんなに人間的で、そこには血沸き肉踊るドラマの世界があるかを知ってほしい。定説だった考え方が引っくり返ったり、こじつけや偶然が新たな道を開いたり。わからないことも多くあって、解明しなければならないことだらけだ。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。