知識を潔く捨ててこそ、ミステリーが解ける--『宇宙は何でできているのか』を書いた村山斉氏(東京大学数物連携宇宙研究機構長・特任教授)に聞く

知識を潔く捨ててこそ、ミステリーが解ける--『宇宙は何でできているのか』を書いた村山斉氏(東京大学数物連携宇宙研究機構長・特任教授)に聞く

物質を作る最小単位の粒子である素粒子。「素粒子物理学で解く宇宙の謎」を副題にした「限りなく小さくて大きな物語」の売れ行きが好調だ。人類永遠の疑問に挑むことは、「経験を捨て、発想を転換する」ビジネス一般とつながるという。

──21世紀に入り、宇宙の理解が劇的に変わったようですね。

今までは単純に「万物は原子でできている」と思われていたが、実は宇宙のほとんどは原子でないということがわかった。2003年にそれがはっきりして、これは天道説が地動説に引っくり返ったのと同じぐらい革命的なことだ。

──宇宙の95%以上は「原子以外のもの」が占めていると書かれています。

それが何でできているか、まだわかってない。ただし、暗黒エネルギーが73%を占め、そのほかに暗黒物質が23%あることもわかった。その存在を前提にしないとつじつまの合わない現象があるからだ。暗黒エネルギーは宇宙の運命のカギを握り、暗黒物質は宇宙の始まりと進化にかかわっている。

──素粒子物理学が専門で、なぜ宇宙の研究を。

誕生直後の宇宙は、素粒子が原子にならない状態でバラバラに飛び交う、高温高圧の火の玉だった。だから、素粒子の種類や素粒子に働く力の法則がわかれば宇宙の成り立ちがわかるし、逆に、宇宙の現象を観測することで素粒子の謎も明らかになる。

──本のタイトルの「宇宙は何でできているのか」という疑問にも答えが出せる?

同時に、「宇宙はどうやって始まったのか」「どうして、自分たちはこの宇宙にいるのか」、さらに「宇宙は、これからどうなっていくのか」といった根源的な疑問にも答えたいと思って研究活動をしている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT