「ストロング系」高アル人気に異変起きた納得の訳 コロナ禍を背景に7%台が9%台の人気を逆転

印刷
A
A
「ストロング系」のチューハイは9%台が以前は一番人気でしたが、コロナ禍でトレンドに変化が起きています(撮影:尾形文繁)

チューハイ市場を牽引してきた、アルコール度数の高い「ストロング系」飲料。その中でも9%台のものが近年、家庭で飲むお酒としては圧倒的な人気を誇ってきた。ところがコロナ禍に入ってから、そのトレンドに変化の兆しが現れている。

拡大するチューハイの家庭用市場

家庭で飲むお酒の種類として人気が続いている「チューハイ」。ここで言うチューハイとは、カクテルやハイボールなどを含む、容器のフタを開けてそのまま飲めるアルコール飲料のことだ。

全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストアなど、約6000店舗の販売動向を追っている「インテージSRI+」から、チューハイの家庭用市場規模(以降、市場規模とは家庭用のものとする)の推移を見てみよう。

チューハイ市場は、2021年には2017年との比較で146%の5130億円にまで成長した。これを牽引してきたのは、「ストロング系」と呼ばれるアルコール度数が7~9%台の飲料で、金額構成比でおよそ6割を占める。

そのストロング系が2020年までは2桁増で成長していたものの、2021年には前年比104%と伸びが鈍化。アルコール度数4~6%台のチューハイが2桁増になったのとは対照的だ。ストロング系の人気に変化が起きているのだろうか。

次ページ9%台はどれほど人気だった?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT