久しぶりの「飲み会復帰」に潜む意外な落とし穴

いきなり酒に弱くなったと感じたら要注意

久しぶりに飲み会などに出かけて「お酒が弱くなった?」と感じている人は要注意です(写真:Fast&Slow/PIXTA)

外資系広告代理店に勤務する鳥山みゆきさん(仮名=48歳)はコロナ以降、あんなに好きだったお酒を飲まない生活を続けている。その日数はなんと18カ月。

「会食もぼちぼち復活してきましたが、私ひとりウーロン茶を飲んでいます。飲み仲間には、『まだやってんの?』と笑われますが」

子どもに乱暴な言葉を使ってしまった

きっかけは、テレワークだった。働いている時間と、プライベートの時間の区別をつけたくて、仕事が終わると直ちにお酒を飲むようになった。しかも”巣ごもり酒場”にカンバンなし。ベッドに入るまでの3〜4時間、ほぼエンドレスで飲み続ける日が続いたという。

「以前からお酒は好きでも、毎日こんなには飲んでいない。週に数日の休肝日ももうけていたので、明らかに酒量は増えました。これはまずいと思うできごとがあったのは、そんな生活が続いて数カ月経ったころですよね」

みゆきさんは、夫と小学生の子どもの3人暮らし。あるとき気がつくと、言うことを聞かない子どもを、使ったこともない乱暴な言葉で叱っている自分がいた。

「『何やってんだ、ばかやろう』みたいな……。完全に人に絡んでる酔っ払いですよね。幸い、次の日の朝までそのことは覚えていて、子どもを口汚く叱ってしまった後悔は心にずしりと……。自分とは違う世界のできごとと思っていたアルコール依存症が、すぐ近くに見えて恐ろしくなった。その日から仕事終わりの飲酒をやめました」

次ページコロナ前はあんなに飲めたのに…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT