度数1%未満の微アルコールが広がる訳【動画】

アサヒが「0.5%のハイボール」を投入する理由

9月末にアサヒビールが缶入りハイボール「アサヒ ハイボリー」を発売しました。

0.5%のビール風味飲料に続くハイボール商品

この商品、アルコール度数はわずか0.5%となっていますが、このように度数1%未満の微アルコール飲料が増えてきています。アサヒは3月に度数0.5%のビール風味飲料を発売し、これに続くハイボール商品です。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「ストロング系チューハイの是非」の特集ページにジャンプします

サッポロビールも9月に度数0.7%のビール風味飲料を発売しています。各社の狙いはいったいどこにあるのでしょうか?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』の特集「ストロング系チューハイの是非」より、東洋経済の兵頭輝夏記者のリポートをもとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:尾形文繁、今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT