三菱ケミカルが本流の石油化学を大胆仕分け、リスク厭わず収益を創造《新「本業」で稼ぐ》


 柱の一つは、LEDや有機ELといった次世代光源をはじめ「7大創造テーマ」と呼ぶ新規事業の育成。今後の急速な拡大が見込まれるリチウムイオン電池関連では、主要4材料の正・負極材、電解液、セパレータのすべてを国内メーカーで唯一そろえるのが強みだ。各材料の増産投資は矢継ぎ早で、9月末には国内メーカーで初めて負極材の中国現地生産を表明した(12年生産開始)。「日本だけでなく世界を見据える」と三菱化学の露木滋専務・機能化学本部長兼ヘルスケア部門長は言う。

並行して、かつてない変身にも挑んでいる。“本業”である石油化学事業の大胆なそぎ落としである。三菱ケミカルは、原油から取り出されるナフサ(粗製ガソリン)をベースに、各種工業製品の素材を生み出す石化の国内最大手。石化が主力の素材部門は、10年3月期売上高が1兆2648億円にも上る。

この規模を大幅に圧縮しようというのだ。11年3月までに石化事業で、不採算部門から次々撤退。年間約150億円の営業赤字を解消し、世界で勝負できる品目に絞り込む。海外では各地の現地大手と提携する戦略を志向。結果、“捨てる”売り上げは3000億円程度にも上る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。