三菱ケミカルが本流の石油化学を大胆仕分け、リスク厭わず収益を創造《新「本業」で稼ぐ》


 日本は石化の基礎原料であるエチレンで年間730万トンの生産能力を持つが、内需は500万トン前後しかなく、余剰分は輸出に回している。これまでは経済成長著しい中国向け輸出の好調が続いてきたが、低コストを武器に中東勢が中国に攻勢を仕掛けることで、あおりを食って日本勢の輸出が減るおそれがある。

日本の石化大手は「2010年問題」と呼ばれるこの問題をかねて警戒しているが、大胆な再編には至っていない。一気には変化せず、一定期間は収益を稼げるからだ。

しかし、三菱ケミカルは改革の手を緩めない。「ゆでガエルにならないように手を打つ」(石塚常務)ためだ。岡山・水島事業所ではエチレンの生産を11年4月に旭化成と統合。需要減に備える。

M&Aも積極果敢に仕掛け 売上高4・7兆円目指す

三菱ケミカルは今春、三菱レイヨンを買収して傘下に加えた。積極的なM&Aを仕掛けるのも、日本の化学大手が採ってこなかった戦略だ。11年3月期の売上高は日本の化学大手で初の3兆円を突破する見込みで「世界の強豪にも見劣りしなくなってきた」と小林社長は胸を張る。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。