三菱ケミカルが本流の石油化学を大胆仕分け、リスク厭わず収益を創造《新「本業」で稼ぐ》


 12月8日に発表する予定の新しい中期経営計画では、15年度に売上高4兆7000億円、営業利益4000億円と一段の飛躍を目指す。自力だけで果たせる数字ではなく、近年の積極投資でやや傷んだ財務基盤を1~2年内に立て直し、積極的なM&Aを再び仕掛ける算段である。

実は、三菱化学メディアの社長から本体に舞い戻って07年に経営トップに就いた小林社長をはじめ、三菱化学の露木専務、石塚常務、奥川執行役員など戦略部門のキーマンは、子会社や関連会社での勤務経験を持つ。本体で順調にエリートコースを歩んできた人材ではない。本流が築いてきた前例やしがらみを打破できるのは、本体を一度離れた傍流パワーだからともいえる。

世界の化学大手を見渡すと、独BASFや米ダウ・ケミカルは汎用化学品の巨人として君臨し、米デュポンは機能品に特化して独自の地位を築いている。三菱ケミカルは、競争力のある汎用品と、技術力で勝負する機能品の両輪で攻める道を歩む。その果実を得られるかどうかは、現在進行する収益構造転換の成否にかかっている。

◆三菱ケミカルホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

(武政秀明 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年11月6日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。