三菱ケミカルが本流の石油化学を大胆仕分け、リスク厭わず収益を創造《新「本業」で稼ぐ》


 12月8日に発表する予定の新しい中期経営計画では、15年度に売上高4兆7000億円、営業利益4000億円と一段の飛躍を目指す。自力だけで果たせる数字ではなく、近年の積極投資でやや傷んだ財務基盤を1~2年内に立て直し、積極的なM&Aを再び仕掛ける算段である。

実は、三菱化学メディアの社長から本体に舞い戻って07年に経営トップに就いた小林社長をはじめ、三菱化学の露木専務、石塚常務、奥川執行役員など戦略部門のキーマンは、子会社や関連会社での勤務経験を持つ。本体で順調にエリートコースを歩んできた人材ではない。本流が築いてきた前例やしがらみを打破できるのは、本体を一度離れた傍流パワーだからともいえる。

世界の化学大手を見渡すと、独BASFや米ダウ・ケミカルは汎用化学品の巨人として君臨し、米デュポンは機能品に特化して独自の地位を築いている。三菱ケミカルは、競争力のある汎用品と、技術力で勝負する機能品の両輪で攻める道を歩む。その果実を得られるかどうかは、現在進行する収益構造転換の成否にかかっている。

◆三菱ケミカルホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

(武政秀明 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年11月6日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT