三菱ケミカルが本流の石油化学を大胆仕分け、リスク厭わず収益を創造《新「本業」で稼ぐ》


 三菱化学の前身である三菱化成時代を含めても、ここまでの構造改革は初めてだ。歴代社長を石化部門の出身者が占める時代が長く続き、グループの中でも石化は本流中の本流。いわば“聖域”だったからだ。

中東勢台頭で旭化成とエチレンの一部生産統合

数年かけて大型投資を行い、重い固定資産を自前で持って中長期で収益を刈り取るのが石化の従来スタイル。景気の動向に収益が左右される側面はあるが、儲かるときの利益も大きい。「10年間のうち1~2年間で大きく儲けられれば食べてこられた」石化を統括する石塚博昭・三菱化学常務は振り返る。

ところが、もうそれは通用しなくなりつつある。きっかけは中東勢の台頭だ。近年、安価なエタンガスをベースにした大型の石化プラントが中東で相次ぎ始動。そのコストは石油をベースにする日本勢の10分の1、15分の1とも言われている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT