NTTドコモのiコンシェル、成熟市場の突破口となるか

NTTドコモのiコンシェル、成熟市場の突破口となるか

9月26日、千葉中央公園で開かれたストリートダンスのイベント「ダンスパーク」。その熱狂から1週間後、参加したAさんの携帯電話に1通のお知らせが届いた。「10月17日開催の中央区ふるさとまつりにsea焼き千葉(塩焼きそば)が出店!お買い物総額より50円引き致します」──これはNTTドコモの情報配信サービス「iコンシェル」を使った販売促進だ。

利用したのは千葉で解体業を営む川上興業。社員10人の小さな会社だ。本業の傍ら、各地のイベントで屋台の飲食店を出店している。「sea焼き千葉」とは、地元の魚介類を使用した塩焼きそば。地場のB級グルメとして定着を狙っている。

川上俊紀社長は「この焼きそばを食べに人が訪れるくらいに育てたい」と意気込む。が、常設でない屋台のため、従来はどこに行けば食べられるのか、告知が難しかった。それを可能にしたのがiコンシェルだ。

その仕組みはこうだ。店頭やウェブ上でユーザーに電子クーポンを取得してもらう。するとドコモのサーバー内に履歴が蓄積され、企業側が新たなクーポンを更新したときにユーザーに再び配信される。

スケジュール表の機能もある。雑誌、サッカーなど興味のあるジャンルを登録すると、関連商品・イベントの発売日、開催日が記載される。ドコモのサーバーにはユーザーの嗜好や行動習慣に関するこうした情報(ライフログ)がたまっていく。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT