「ネットのオバマケア」を知っていますか?

<動画>大統領が「ネット中立性」の守護者に

11月10日、ビデオ声明でFCCを非難するオバマ大統領。「共和党が支配するようになった議会と対峙するための、新たな政策実現手法だ」との見方もある

現在、インターネットは、ブロードバンド・プロバイダーにとり醜悪な場所になっている。

オバマ大統領は11月10日、独立した政府機関である連邦通信委員会(FCC)に対して異例の指示を出すことで、ブロードバンド・プロバイダーが高速サービスを望むネットフリックスのようなコンテンツ事業者に優先的に回線を使わせ、そこから収入を得ることを阻止しようとしている。

これにより、コムキャストやタイム・ワーナー・ケーブルなどの株価は打撃を受けた。オバマ大統領はビデオ声明で自らの見解を詳細に説明している。「インターネット・プロバイダーには、国民がウェブサイトへアクセスするのを阻害したり、制限したりしない法的な義務がある。ケーブル会社が、どのオンラインストアで買い物ができるか、どのストリーミングサービスを使用できるか、ということまで決めることはできない。またケーブル会社は、一部の企業に有利な条件で回線を使わせることで収入を得るようなことをしてはならない」

ネット中立性の守護者

これはネット中立性と呼ばれる問題に帰着する。ネット中立性とは、インターネット上のトラフィックはすべて、プロバイダー (大部分がケーブル会社) により平等に扱われるべきであるとする概念である。現在、連邦通信委員会 (FCC) は、コンテンツをより円滑に配信することを望むサイト (しばしばネットフリックスが例に挙げられる) がコムキャストなどのプロバイダーに対して高額な対価を支払うことにより、特別に高速な回線を確保できる、ということを決めようとしているところであった。

オバマはこれに対し「ノー」と言い、プロバイダーは実際上、公益事業のように規制されるべきであると述べている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。