なぜ米国はエボラ感染を防げなかったのか

医療システムは強固ではなかった

10月にニューヨークで医師がエボラに感染。米国内には動揺が広がった(写真:UPI/アフロ)

トーマス・エリック・ダンカン氏が米国にエボラ出血熱を持ち込むまで、この感染症は主に貧しい西アフリカや、そこであえてボランティア活動をする人たちが懸念する外来の感染症だとして、ほとんど関心を持たれなかった。ダンカン氏の看病に当たっていた看護師2人に感染したのは、いくつかの医療プロトコル違反が原因のようだが、これにより米国の対応に厳しい目が向けられている。オバマ大統領は、米国内でのウイルスの発見・隔離・管理を担当する「エボラ担当官」を任命するに至った。

医療・公衆衛生の専門家たちは恐れることはないと市民を安心させていた。米国疾病対策センター(CDC)と他の医療機関は、ダンカン氏と接触したおそれのある人物を慎重に追跡したり、感染症を伝染させる可能性のある物を隔離したりと陰で行動していた。医療システムが強固なため、米国内の感染拡大はほぼありえないと考えられていた。

過去10年間に渡り予算を削減

政府は過去10年間にわたり、CDCや米国立衛生研究所(NIH)を含めた一流医療機関や、州・地方の保健局の予算を削減している。2005~12年にCDCは財源の17%を失った。政府高官は先日、エボラ系の緊急医療に割り当てられた予算は13年より少ない10億ドルと発表した。

州・地方の課題は一層深刻だろう。11年に地方保健局の約23%は公衆衛生準備プログラムの削減または撤廃を発表した。12年には追加の15%の局が同様の削減を発表。14年単独では、病院準備プログラム(地域病院が地方保健局と連携して公衆衛生の緊急事態に備える)は1億ドルの予算を削減されてしまった。

同プログラムは、エボラのような予期しない流行下での感染症の封じ込めを医療従事者に訓練させるため特別に設けられたものだった。十分な予算が付与されていれば、感染した2名の看護師はおそらく今でも元気だっただろう。

エボラのような感染症の理解と治療の重要な進歩に資金を提供しているNIHもまた、予算削減にあえいでいる。13年のように大幅削減された年度を除き、過去10年間の予算はほとんど増えていない。生産的な研究施設は閉鎖され、エボラワクチンのような命を救う研究を後回しにしてしまった。

次ページ予算削減の原因とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT