自民党長期政権の政治経済学 利益誘導政治の自己矛盾 斉藤淳著 ~利益誘導政治の本質を深いレベルで考えさせる

自民党長期政権の政治経済学 利益誘導政治の自己矛盾 斉藤淳著 ~利益誘導政治の本質を深いレベルで考えさせる

評者 野中尚人 学習院大学法学部教授

 「なかなかのものだなあ」。これが率直な感想である。確かに少しばかり取っ付きにくい。また、評者の自民党観や政官関係についての見解とはやや異なる。しかし、質量ともにまさに力作と言うべき研究書である。

何がすごいかと言えば、とにかく膨大なデータを集め、統計の手法を駆使して何が言えるのか、あるいは言えないのかを考え抜いたことだろう。選挙区ごと、また全市町村ごとのデータをはじめ、データの量は半端なものではない。

もう一つの本書のすばらしさは、これまでの政治学理論について十分に検討し、経済学の領域の理論をも導入しつつ、極めて斬新な説明を構築したことである。参与観察(斉藤氏は1年弱の間、民主党の衆議院議員であった)を重要なテコとしながら、ゲーム理論を駆使し、ロジカルな推論を縦横にめぐらせている。日本政治全体を見渡そうとする視野の広さ、個別の論証へのこだわり、そして全体としてのしっかりとしたストーリー性。これらをすべてこなすのは、なかなかできることではない。

「逆説明責任体制」というとらえ方が本書の根幹にある考え方だ。通常の民主主義では有権者が「主人」であり、政治家はその主人からの支持を得るために競争し、自分の行動を説明しなくてはならない。しかし、自民党政権時代にはまったく逆のロジックが成立していたと言う。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。