日本人は世界でカモにされ、なめられている--『管見妄語 大いなる暗愚』を書いた藤原正彦氏(数学者、エッセイスト、お茶の水女子大学名誉教授)に聞く


──観光客狙いですか。

いや、人だけではない。会社、国に対してもだ。それも世界中で。

たとえば例のトヨタの欠陥車問題では、アメリカに国を挙げてさんざんたたかれた。中古車の価格が下がったと集団訴訟で1000万人、2兆何千億円の訴訟という騒ぎだ。あるいは東芝は、パソコンの理論的不具合の可能性によって1100億円払わされている。日本企業は脅せば払う、訴訟すれば和解する。世界中がそう思っている。日本政府はいっさい助けない。

──国に対しても……。

今回の尖閣列島は格好の例だ。そういう日本人だと知っているから、中国も脅してくる。日本および日本人がどうしてそれほどお人よしなのか。戦後、ずるがしこいことをいっさいしなくなったのは、憲法の前文に「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」と書き、自国の生存を他国に任せたからだ。これがすべての起点となっている。

日本はアメリカからグロバーリズムを押し付けられて、まだその苦境からはい上がれないでいる。すぐに言われたことを信じてしまうからだ。経済上は世界中が真の敵であり、アメリカは軍事上、唯一の同盟国だとしても、経済上は不倶戴天の敵だ。この認識をきちんと胸の奥に忍ばせて、アメリカの忠告は聞かないといけない。表面上ニコニコで済ます。これが外交であり経済だ。

──尖閣問題はどうすれば。

中国に対して、ふざけるなの一発でいい。世界にこういう証拠がこれだけあるとどんどん発信する。中国相手のときはけんか腰でないといけない。友愛だとか、今回譲歩したらいずれ譲歩してくれるだろうとか、誠意を示せば理解してくれるだろうとか、日本人同士ならそれでもいいが、中国相手でそんなことは何の意味もない。軍事力が大きいからひるんだと思われるだけだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT