日本人は世界でカモにされ、なめられている--『管見妄語 大いなる暗愚』を書いた藤原正彦氏(数学者、エッセイスト、お茶の水女子大学名誉教授)に聞く


──数学者として疑問を感じたわけですか。

デリバティブは確率微分方程式なるものを駆使する。これは大学院修士課程で学ぶような高級な数学。当時、大手銀行でも数学でドクターを取った人はゼロだった。これに対してメリルリンチには100人はいた。数学には、数学的論理を展開する前提というものが必ずあり、この前提が崩れたら、何もかもおじゃんになる。まさにそれだ。

しかし、こういう数式でしっかり計算し、綿密かつ厳密に積み上げてあるから危険は何もないと言われ、皆だまされた。ただ、いつものように日本人もだまそうとしたが、今回ばかりは日本の企業は話がうますぎると、さほど深入りしなかった。だから助かった。

──いつものように日本人をだまそうと……。

日本人は世界からカモにされている。たとえば、英ケンブリッジに留学している長男から昨日メールが来たばかりだ。パリで行われた凱旋門賞の競馬を見に行って、泊まったホテルに、入るときに宿泊代を払ったのに、出るときにまた請求されたという。クレジットカードの控えを証拠に示せて、向こうは観念した。スーパーマーケットのレジでは、お釣りが1ユーロ足りないと抗議したら、渡したと言って聞かなかったそうだ。事前にパリは危ないと、アドバイスはしていたのだが。

パリでは、特に日本人だとなめてかかる。誰もがウソつきだと思って接しないとやられる。フランス語で書かれた請求書に、飲まないシャンパンや、かけていない国際電話の料金を付けたりして、日本人をカモにしてくる。そういう事例をいくつも知っている。パリに行くとけんか、けんかで本当に疲れる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT