快走パナソニック、足元に残る"不安"とは

中期経営計画を1年前倒しで達成へ

しかし、構造改革は道半ばながら、効果は収益面で着々と表れている。今後の重点課題はむしろ、いかに売上高を伸ばすかにシフトしているといえる。「16年度から実施予定だった成長に向けた戦略投資を1年前倒しで、15年度から実行に移していく」と津賀社長は会見で明かした。  

売上高拡大のカギとなるのは車載、住宅、BtoBの注力3分野だ。車載については米EVベンチャーのテスラモーターズ向けのリチウムイオン電池工場の投資を進める一方、今期はスペインの自動車用ミラー大手、フィコサ・インターナショナルとも資本提携。事業領域を着々と広げている。  

問われる次の一手

ただ車載分野はコックピット周りを米アップル、グーグルなどITの王者も狙うほか、注力するADAS(先進運転システム)分野においても、「パナソニックは決して製品群や開発力で優勢とは言えない」(アナリスト)。戦略投資の成否が将来を左右することになる。  

さらに住宅分野でも、重点分野と位置づけるASEANなど新興国向けの住宅販売はこれからが本番。BtoB分野についても、稼ぎ頭となる事業の数をどうそろえるかは未知数だ。  

優先した赤字事業の止血や手元資金確保により、重視する「ネット資金(現預金-有利子負債)」は11年度の1兆円近い赤字から、足元では黒字にまで改善している。「タイムリーに投資する形に整えてきた」(津賀社長)。今後いかに、その資金を成長領域に投資していくか――。津賀社長の構造改革の「次の手」が問われることになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。