シリーズ、勝つのは阪神かソフトバンクか

神様直伝!短期決戦で相手を圧倒する秘策

その〝神様〟による日本シリーズの戦い方の1つに「短期決戦は、ほめて勝て!」という教えがある。144試合のペナントレースと、7試合制の日本シリーズでは戦い方が違ってくる。

なぜ、短期決戦では必要以上にほめるべきなのか?

「長いレギュラーシーズンは叱って学ばせるものだが、日本シリーズのような短期決戦ではほめて戦わせる、それがチームのムード作りにつながっていく」

V9の中心にいたのは長嶋茂雄と王貞治だったが、川上さんは2人の指導術を使い分けながら育てたという。

シーズン中の場合は、その選手の将来性を考慮して厳しく戒める。しかし、日本シリーズ初戦の大事な場面でミスをした選手を叱りつければ、その部下は萎縮してしまって立ち上がれない。

だから、多少のミスには目をつぶって、好プレーした選手には、シーズン中以上にほめて、気をよくさせて、さらに結果を出させる。それがチームに弾みをつけることにつながっていくというのだ。

また短期決戦ではデータを重視する傾向が強い。しかし、川上さんは「基本的な特長、クセを知ることは必要だ」としたうえで、「資料にこだわるより大事なのは精神力や気迫」と言い切った。

ソフトバンクは9月中盤以降1勝9敗と苦しみ、シーズン最終戦でオリックスを破ってリーグ優勝、CSでは3位日本ハムとアドバンテージの1勝差で勝ち抜いた。

一方の阪神は、広島に0.5差で、広島が最終戦で敗れたため、タナボタのシーズン2位だった。だが、CSファイナルステージでは、シーズン7ゲーム差をつけられた巨人に、4連勝で勢いに乗った。

チーム力ではほぼ互角。どこまで投打にテンションを上げて戦えるか。秋山、和田どちらの指揮官も細かい戦法・戦術を駆使するタイプではないが、「川上イズム」にみるように、レベルの高い選手の操縦術が明暗を分ける。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT