空前の大ヒット監督、「タイの映画事情」を語る

「国内映画が発達している日本は特殊です」

――現在のタイ映画の年間制作本数は30本ほどと聞きましたが。

©2013 Gmm Tai Hub Co.,Ltd. All Rights Reserved.

もちろんその年によって制作本数は変わります。100本くらい制作されたような黄金時代もあれば、10本くらいに落ち込んだ年もありました。しかし、『愛しのゴースト』がヒットした後は、タイ映画も儲かるんじゃないかと思って、投資をしてくれる人が増えてきました。でもほとんどが赤字ですね。タイには優秀な脚本家が足りないんです。それをどうにかしないと、タイ映画をめぐる現状は変えられないと思います。

(『愛しのゴースト』と同じ題材を扱った)『ナンナーク』を撮ったノンスィー・ニミブット監督は、タイ映画の救世主と呼ばれていますが、彼はCM業界から映画界に転身した人で、そこからプロダクションの質が上がったんです。そこからタイ映画に興味を持つ人が少しずつ増えてきたんです。

CM制作はテクニックを磨くのに役立つ

――タイでは人材輩出の場としてCMがあるということなのでしょうか?

CM出身の監督もいれば、テレビ出身の監督もいます。自分はCM出身ですが、CMは非常に丁寧に映像を作る業界なので、質の高い映像が作られる。テクニックを磨く上ではとてもいい環境だと思います。

――『愛しのゴースト』がタイ映画復権の起爆剤になるんじゃないですか?

(撮影:田所千代美)

そうだといいのですが。実際に観客動員数(およそ600万人、タイの人口は約6700万人)を聞いて、タイにも潜在的な観客がいるんだというのが驚きでした。劇場は連日満席という状態は久しぶりの現象だったんです。

タイ映画界を盛り上げるためにも、こういう作品が続けばいいのですが、それがいつ出てくるのかは分からないですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。