ワクチン2回後感染で嗅覚消えた43歳彼女の辛酸 オミクロン株はインフル並みにきつく後遺症も

✎ 1〜 ✎ 226 ✎ 227 ✎ 228 ✎ 最新
印刷
A
A
オミクロン株に感染した43歳の女性。「カレーの味がわからない」という後遺症などとともに家庭不和にも繋がってしまった体験を語ってくれた(写真:本人提供)
厚生労働省によると、新型コロナウイルスに感染して自宅療養をしている人は2月16日時点で、全国57万7765人。前の週から3万人以上も増加している。
世間では「オミクロン株は風邪と似たようなものだ」「軽症のまま治るから心配しなくていい」といった情報を耳にするが、実際のところはどうなのだろうか。感染を経験した人たちの体験談をつづっていく。

今回、話を聞いたのは、2月上旬にオミクロン株に家族内感染した、東京都在住の世路塔子さん(仮名・43歳)。コロナワクチンは「ファイザー製」を昨年7月と8月に2回接種済みだ。

実は今、彼女はオミクロンの後遺症で嗅覚がうまく働かず「匂いがわからない状態」だという。食事をしても風味を感じず、視覚で確認しないと、何を食べているのかわからない状況だ。

全寮制の息子の学校からコロナクラスターが発生

「息子は他県の全寮制中学校に通っているのですが、1月中旬に『コロナ感染者が出た』と学校から連絡がきました。その後、『寮で約50人のクラスターが発生した』というんです。その全寮制の中学校が急遽休校になったため、息子は2月3日に帰省。濃厚接触者は寮で10日間の隔離になると連絡が入り、『息子は濃厚接触者ではない』ということでした」

塔子さんは夫(47歳)と息子(15歳)と娘(9歳)の4人家族だ。クラスターが発生した中学校を管轄している保健所から、息子さんは「罹患者・濃厚接触者に該当しない」と判断されていたため、家で普通に生活をしていた。

「本人も普通に元気そうだったので、心配もしていませんでした。でも、今考えれば、息子は帰省したときから花粉症のような『鼻水、喉の痛み、微熱』があったんです。でもその症状を軽くみていました」

息子さんが帰省した2日後の2月5日(土)夜、塔子さんにも同様の「鼻水、喉の痛み、微熱」の花粉症のような症状が現れる。

2月8日(火)、症状がひどくなってきたので、塔子さんは医療機関(発熱外来)を受診。次の日にPCR検査結果が出て、陽性と診断された。

次ページ体調異変に気づいてから症状はどう推移したか?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT