ワクチン2回後感染で嗅覚消えた43歳彼女の辛酸 オミクロン株はインフル並みにきつく後遺症も

印刷
A
A

2月12日(土)、オミクロンの症状が出てから7日目。鼻水が治まった後、塔子さんはある異変に気がつく。食事の「匂いがわからない」のだ。

「私はカレーが大好物で、その日はインドカレーが無性に食べたくなりました。お昼にレトルトの『ホウレン草&チキンのカレー』と『トマトカレー』の2種類を温めて食べようとしたんです」

しかし、いざ食べてみたら、味が全然わからない。2つとも「辛くて酸っぱい」としか感じず、カレーの味がしなかった。一瞬何が起こったのかわからなかった。

「めちゃめちゃ不味いカレーを買ってしまったのかな、とも思ったんです。でも、よく味わってみても、2種類の味の違いもわからない。カレーのパッケージを見なかったら、カレーを食べていることもわからないくらい、味を感じませんでした」

匂いがしないからなのか、普段のように味を感じ取ることができない。そのほかの食事も同様に、ご飯もみそ汁も匂いがない。風味がわからないのでおいしくない。

その後少しずつよくなってきている気はするが、2月19日の取材時点でもまだ匂いがわからない状態が続いている。

家庭内感染で娘も同様の症状に

塔子さんが体調の異変を感じた2日後に、娘さんにも「鼻水、喉の痛み、微熱」と同様の症状が現れていた。ただ症状は軽く、夜に38度まで熱が上がったときはあったものの、翌朝には36度になった。そのまま咳などの症状も軽く、普通に生活をしている。

「娘はPCR検査を受けていません。でも同じ症状があったということで、病院からは『みなし陽性です』と言われました。そのまま自宅待機で、という感じです」

コロナ感染の疑いはもっていなかったので、娘さんも家族と普通の日常を送っていた。息子さんの帰省後はみんなで一緒に食卓を囲んでいる。また、寝るときは塔子さんと息子さんと娘さんは同じ部屋で就寝。もちろん家の中でマスクは装着していない。

「でも、娘の症状が軽くて安心しました。私と息子はコロナワクチンを2回打っていますが、娘は9歳ということもあり、まだワクチンは1回も打っていないので……。彼女は今も元気に過ごしています」

次ページ感染を免れた夫
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT