ワクチン2回後感染で嗅覚消えた43歳彼女の辛酸 オミクロン株はインフル並みにきつく後遺症も

印刷
A
A

以下は塔子さんが体調の異変に気付いた2月5日(土)の後、時系列で症状を追わせてもらったものだ。

【1日後】2月6日(日)、鼻水や倦怠感があった。花粉症かと思い、自宅にあった花粉症の薬を飲む。しかし、効果は感じなかった。

【2日後】2月7日(月)、悪寒を感じ、急に寒くて仕方ない状況。体温を測ると38度の発熱を確認。さらに、倦怠感、頭痛、身体の節々の痛み、鼻水。症状から「もしかしてインフルエンザにかかったかもしれない」と思う。頭痛や身体の節々の痛みを取りたくて、自宅に保管しておいた鎮痛剤(ロキソニン)服用。しかしほとんど効果がなかった。

【3日後】2月8日(火)、症状がひどくなってきたため、医療機関(発熱外来)を受診。症状は前日と同様で、38度の熱、倦怠感、頭痛、身体の節々の痛み、鼻水。PCR検査を受け、医師に「対症療法ですがお薬出しますね」と言われて薬を処方される。処方されたのは、ロキソニン、モンテルカスト錠、デキストロメトルファン臭化水素酸塩錠、アラミスト点鼻液。薬の説明書には鎮痛、鼻水や咳を鎮める、抗炎症などそれぞれの効果が書いてあった。

周りに言い出せず無理して仕事をすることに

【4日後】2月9日(水)、PCR検査が陽性になる。症状は37度の熱、倦怠感、鼻水、喉の痛み、咳。病院で処方された薬を飲む。オンラインで仕事をしている人たちに「オミクロン感染した」とは言いだせず、無理をして仕事をすることに。

【5日後】2月10日(木)、症状は倦怠感、鼻水、喉の痛み、咳。病院処方の薬を飲む。

【6日後】2月11日(金)、症状は倦怠感、鼻水、喉の痛み、咳。病院処方の薬を飲む。

【7日後】2月12日(土)、鼻水は出なくなったが、同時に「匂いがわからなくなっている」ことに気づく。症状は喉の痛み、咳。病院処方の薬を飲む。

【8日後】2月13日(日)、症状は「完全に匂いがわからない」のみ。特別な対処はなし。

【9日後】2月14日(月)、症状は「完全に匂いがわからない」のみ。特別な対処はなし。

【10日後】2月15日(火)、症状は「完全に匂いがわからない」のみ。特別な対処はなし。

その後も匂いがしない状況が続く。

次ページオミクロンの後遺症で「匂いがわからない」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT