スクエニ元社長、「さあクラウドゲームだ!」

新会社シンラ・テクノロジーに込めた熱情

――まったく違うゲームがクラウド上に生まれる可能性も?

 たとえば「FF11」では基本的に、すべてのプログラムにイベントフラグを埋め込んで仕組んでいる。今までのゲームはいかに仕組むかだったが、それでは夢も希望もない。

最初にコンピューターゲームができたときはコンピューター対人間で、それからネットゲームになりコンピューターが媒介して人間同士が遊ぶようになった。今度はクラウド上でコンピューターが一つの生き物になる。時間や意思を持ち、その中に僕らが対等に入っていくイメージ。全然違うゲームになると思う。

たとえば自然界では天候が勝手に変わり、人間にひどいことしたする。あるいは環境破壊すると自然は”復讐”しますよね。そういうことが起きるんです、クラウドゲームの中で。

エコシステムを作る必要がある

クラウド上のゲームは「これまでと全然違うものになる」という

――開発パートナーは、どうやって探していきますか。

この会社を500人体制にするよりも、100人とか200人程度で外縁にパートナーが5000人いるみたいな会社にしたい。だから来年から儲かることは絶対になくて、5年後によくなっているなら、それでも相当いいほうだと思う。

われわれはエコシステムを作らなければならないので、基礎技術やデータセンターに投資してもらう人、回線を追いかけてくれる人を探して組成していくイメージ。最終的にエコシステムの中でプラットフォーム屋さんになるのかどうかは、そこから考える。まずは僕らが初期段階で先導するという立ち位置で、開発費用はデベロッパーさんが持ってくださいという考え方です。

――そうすると、スクエニのグループ内に存在する意味はさほどないのでは?

スクエニには最先端のコンテンツを作ってほしいから、シンラ・テクノロジーがあることでクラウドゲーム事情や技術がわかるわけです。それをヒントに、新しいものを作って欲しい。スクエニ側がどう活用するかという話です。

――今後の資金調達を考えると、資本関係も変わる可能性もありますか

 これは相手のある話ですから、今はわからない。可能性としては未来永劫100%ではなく、門戸を開放していくということですね。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT