上司への"付き合い残業"、続けるしかない?

世代間ですれ違う「働き方」思想

上司「そうだよ。うちは広告系だし、エンドユーザーには女性が多いから、女性も活躍しているじゃないか」

部下「確かに若手層では活躍していると思います。でも管理職レベルになると皆無じゃないですか!」

上司「いや、昔はいたよ?」

部下「でも、失礼ですけど、どうみても男性みたいな、なんていうか、ガツガツしていて」

上司「あぁ、確かに。スカート履いているところ、見たことなかったなぁ」

部下「スーパーウーマンすぎて誰もまねできないんですよ……。それで結局、その人は転職してしまった。目指したい人もいないのです」

なるほど、総論賛成、各論反対というケース。会社には必要と思っていても、自分自身が納得できていないということですね。でもこれ、実は本当に理解できていない証拠なのです。

おそらく、今までの「管理職像」つまり「リーダーとしての理想像」を、そのままこれからの女性管理職にも当てはめているのではないでしょうか? たとえば今回の悩みにもある「男性的な女性リーダー像」は必要だった時代もあります。ですが、現代では男性社会のルールを女性に当てはめてみると、女性は潰れてしまう可能性大です。

念頭に置くべきは「パーツ型ロールモデル」

大切なのは新しいリーダー像をつくり、それなら女性も挑戦できるという場を創り上げることなのではと思います。ここでも「ダイバーシティ」です。多彩で異なるタイプのリーダーが采配を振るうほうが、均一化を脱することができ、経営にも役立つはずなのです。

また、このようなことで悩んでいる女性部下には、「ロールモデルをそのまままねしようと思わなくていいんだよ」と伝えてあげましょう。あなたはあなた、他人は他人と、そもそも異なる他人なのに同じ資質を目指す必要はないですよね。それよりも、それぞれの上司、同僚などのいい部分をチョイスしながらつなぎ合わせて、オリジナルを創造する「パーツ型ロールモデル」のような形を選択することを勧めます。

おっと、まだまだお悩みがあるようです。

部下「あの、私は未婚のときはバリバリ働いていました。でも出産してみると時間の制限がとにかく大きくて……」

昔のように働けないのがもどかしいのですね?

部下「はい。動きたくても動けないし、それで周囲に迷惑をかけているのも嫌で……」

次ページライフイベント後は、どんなふうに働く?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT