上司への"付き合い残業"、続けるしかない?

世代間ですれ違う「働き方」思想

上司「いや、でも、時間の制限があることは、周りも理解しているよ?」

部下「それはわかっているのです。でも自分が思うように働けなくて……。そもそも家庭とのバランスをとっていくのに漠然とした不安というか、焦りがあるのです」

これは重要かつ、ありがちな問題ですね。ライフイベントがあれば「働き方」は必ず変わります。たとえば、ライフイベント前なら資格勉強をしたり、気ままにプライベートの予定も躊躇なく入れられたり、自分の思うように時間が使えていたわけです。

「今はしゃがむ時」と考えよう

これが育児中となると、事態は急変します。保育園の送迎、食事の支度、子供の世話、家事、シッターさんなど応援者への依頼――自分の時間が削られ、そのもどかしさから、結果として仕事にも集中できなくなってしまう方も少なくないようです。

部下「どうすればいいのでしょうか?」

今は「しゃがむ時」だと自覚してみてはいかがでしょうか。割り切れなんて言うと驚かれるかもしれませんが、人生をロングタームでみれば、思いっきり仕事が100%のときもあれば、仕事50、プライベート50のときもあるかもしれない。大事なのは目先のことだけにとらわれず、「焦らない」ことなのです。育児が一段落すれば、また思いっきり働ける時期がやってきますよ。

部下「本当ですか?」

本当です。なぜならこれを書いている私も今、まさにそうですから。子育ても一段落して、日々、新しい環境にチャレンジしながら重責ある仕事もさせていただいています。だから育児で忙しさがピークの時期は焦らず、しかし何もしないのではなく、「今できること」を着実に、堅実に進めていくことで視界は開けてきます。そうすれば、しゃがんでいるときに確実に貯蓄した信頼残高が形となって花開いてくるのです。

上司「そうか。私もそのようにアドバイスしたいと思います」

それぞれにぞれぞれの生活があるからこそ、異なった悩みも出てきます。

男性上司の方は部下に伴走しながら、上司としてもどんなサポートができるのか、部下たちのライフスタイルを尊重しながら考えてあげてくださいね。

 

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍の場を広げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはこちらをご覧ください。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT