上司への"付き合い残業"、続けるしかない?

世代間ですれ違う「働き方」思想

上司「いや、でも、時間の制限があることは、周りも理解しているよ?」

部下「それはわかっているのです。でも自分が思うように働けなくて……。そもそも家庭とのバランスをとっていくのに漠然とした不安というか、焦りがあるのです」

これは重要かつ、ありがちな問題ですね。ライフイベントがあれば「働き方」は必ず変わります。たとえば、ライフイベント前なら資格勉強をしたり、気ままにプライベートの予定も躊躇なく入れられたり、自分の思うように時間が使えていたわけです。

「今はしゃがむ時」と考えよう

これが育児中となると、事態は急変します。保育園の送迎、食事の支度、子供の世話、家事、シッターさんなど応援者への依頼――自分の時間が削られ、そのもどかしさから、結果として仕事にも集中できなくなってしまう方も少なくないようです。

部下「どうすればいいのでしょうか?」

今は「しゃがむ時」だと自覚してみてはいかがでしょうか。割り切れなんて言うと驚かれるかもしれませんが、人生をロングタームでみれば、思いっきり仕事が100%のときもあれば、仕事50、プライベート50のときもあるかもしれない。大事なのは目先のことだけにとらわれず、「焦らない」ことなのです。育児が一段落すれば、また思いっきり働ける時期がやってきますよ。

部下「本当ですか?」

本当です。なぜならこれを書いている私も今、まさにそうですから。子育ても一段落して、日々、新しい環境にチャレンジしながら重責ある仕事もさせていただいています。だから育児で忙しさがピークの時期は焦らず、しかし何もしないのではなく、「今できること」を着実に、堅実に進めていくことで視界は開けてきます。そうすれば、しゃがんでいるときに確実に貯蓄した信頼残高が形となって花開いてくるのです。

上司「そうか。私もそのようにアドバイスしたいと思います」

それぞれにぞれぞれの生活があるからこそ、異なった悩みも出てきます。

男性上司の方は部下に伴走しながら、上司としてもどんなサポートができるのか、部下たちのライフスタイルを尊重しながら考えてあげてくださいね。

 

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍の場を広げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはこちらをご覧ください。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。