小渕優子氏、「経産相辞任」でも残る不安

違法行為であることは明白なだけに・・・・

確かに「不正」であることは、容易に知ることができる。問題とされた明治座観劇会について、「小渕優子後援会」の2010年分の政治資金収支報告書ではその会費として373万円を集めていると記している。

一方で同報告書と関連団体の「自民党群馬県ふるさと振興支部」は明治座に1688万円支払っていることを示しており、差額の約1316万円が宙に浮いていることになる。

翌2011年についても、観劇会の会費徴収と支払いの差額が1326万円も存在する。これらが事実だとすると「利益供与」として公職選挙法違反に、記載ミスだとすると政治資金規正法違反に問われる可能性がある。どちらに転んでも違法という、まさに絶体絶命の状態だ。

さらに「東京ドーム巨人戦観戦ツアー疑惑」や「下仁田ネギ疑惑」もある。「こんなにボロボロと出てきては、大臣辞任だけではすまない。議員辞職しなくてはいけなくなるかもしれない」--。関係者からこんな声も聞こえている。

これまで大臣に不祥事があった場合、「大臣辞任」をもって火消しできたことが多かった。経産相辞任後の会見は小渕氏が深く反省している様子が明らかで、まずはうまく乗り切ったと見ることはできる。しかし、果たしてこれで幕引きになるだろうか。

身体検査が甘かった

小渕氏辞任に合わせるかのように、松島氏も法相を辞任した。同じ日に2人の大臣、しかも重要閣僚クラスが同時辞任するとは前代未聞。安倍政権に対する影響は必至と見られる。

そもそも今回の改造人事については「何かが起こりそうだ」との声が出ていた。理由は身体検査が甘かったからだ。

一般的に大臣に就任する前には、金銭トラブルや異性問題などがあるかどうかがチェックされる。ところが丁寧にチェックしていては、候補者がいなくなってしまう。そこである程度は目をつぶった。小渕氏はその中でも「最も安全な牌」とみられていた。

次ページなぜ、ミスを犯したのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT