トヨタ自動車、「軽」参入の不可解

国内の販売再編は後回し?

それにしても、トヨタが国内販売で着手すべきは、チャネル再編ではなかったか。

トヨタは5月に国内生産体制の再構築を発表した。国内380万台の生産能力を、数年かけて1割強落とすとみられている。あるアナリストはこう指摘する。「4チャン+レクサス店の5チャン体制は国内市場500万台時代の産物だった。生産を1割落とすということは、すべてのレイヤー(階層)で1割ずつ何かが要らなくなるということ。国内約60車種の6車種は不要になる。販売店も同様だ」。

別の業界関係者は、「販売店の収益は、高級車クラウンがモデルチェンジする4年に1度収益がどんと上がり、残り3年間はトントンという歴史だったが、普及車であるプリウスが主力となった今、そのシナリオは崩れている」と言う。

市場の構造が変化する中では、軽という新商材を追加して当面の販売台数をカサ上げしても、一時的な効果しか生まない。根本的な課題が棚上げされたままでは、真のトヨタ復活は遠い。

(撮影:風間仁一郎)

写真は会見に臨む一丸陽一郎・トヨタ自動車副社長(右)と伊奈功一・ダイハツ社長

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。