エバーノート躍進を支える「リアルの感覚」 デジタル狂乱の中で、大事なのは「繊細さ」?

印刷
A
A

エバーノートのアイデアを基にさらに起業したのは1997年。拠点はボストンだったが、シリコンバレーに同様のアイデアで開発をしているプログラマーらがいると知って、話し合いの後に合流。そうして、現在のエバーノートが生まれたのが2008年だ。昨今のスタートアップには、創業者らが仲間割れするという話が多いのだが、エバーノートには、当初のリービンの大学の友人らがまだかかわっているという。

現在、エバーノートは世界で1億人までユーザーを拡大した。とは言え、すべてが順調だったわけではない。リーマンショックのために期待していた投資資金が調達できず、もう会社を畳むしかないと思ったときに、危機一髪で救われたこともある。数カ月間エバーノートを使ってとても感心したと、たまたま連絡してきた北欧のユーザーが、実は投資家だったのだ。

ネガティブ発言に引っ張られない仕掛け

エバーノートがリアル世界と結び付いている側面はもうひとつある。それは、同社の収入源だ。インターネット企業には、フリーミアム(無料)モデルで製品やサービスを提供するところも多いが、エバーノートの収入はあくまでも有料版のユーザーが支払う料金。広告も入れなければ、ユーザーデータを売ったりもしない。今どき、しごく「まともな」商売と言える。

このまま成長路線を続ければ、製品もサービスも、そして社員数も拡大していくだろう。そんな局面にあって、リービンには社内で決めたルールがある。それは、ポジティブな視点から決定を下すことだ。

「物事を決める際には、とかくポジティブな点とネガティブな点を比べようとします。しかし、そうすると大体、ネガティブな方向へ引っ張られていく。意思決定にかかわる人数が多くなるほど、引っ張られる力も強くなる」とリービンは言う。

エバーノートのミーティングでは、決してネガティブな発言をせず、いい面ばかりをあげつらって、「究極的にはどんないいことが起こりそうか」をまず話し合うという。最近も、ある企業買収のテーマで話し合いをポジティブに転換したところ、「超有益な話し合いができた」と言う。結果的には、買収は行わなかったそうだ。

シリコンバレーで、リービンは最もテクノロジー企業のトップらしくない人物とされている。けれども、インターネットとデジタルの狂乱の中にあって、同氏のリアル世界の感覚が、今までにない新しいタイプのサービスを生んでいると言えるのだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT