日経平均4日続落、1万5300円で終了

米株安を嫌気、一時は250円以上下落

 10月10日、東京株式市場で日経平均は4日続落。都内で9月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 10日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は4日続落。前日の米国株市場が大幅安となったことが嫌気され、朝方から売りが優勢の展開となった。3連休前で買い手控えムードが広がる中、為替が円高方向に振れると先物主導で売られ、一時前日比で250円以上下落した。

終値は日経平均が8月13日以来、TOPIXは8月8日以来の安値水準となった。

東京市場では全業種が下落する形となった。日経平均は日中、1万5300円を割り込む場面が続いた。取引時間中に円安がやや進行した局面では、下値を拾う動きが一部でみられたものの、大引けにかけて指数は先物主導で上下する展開。TOPIXコア30構成銘柄ではNTTドコモ <9437.T>を除く29銘柄が値を下げた。

日経平均ボラティリティ指数は前日比で上昇し、2か月ぶりの高水準で推移している。世界経済への懸念が投資家心理を悪化させつつある中で、個人の押し目買いの意欲も低調な状況となった。また「リクルートのIPOを控え、資金のねん出に向けた売りが出ている」(大和証券チーフテクニカルアナリスト・木野内栄治氏)ことも、ザラ場での下落に拍車を掛けた。

個別銘柄ではファーストリテイリング<9983.T>が堅調。9日、2015年8月期の連結営業利益(IFRS:国際会計基準)が前年比38.0%増の1800億円になるとの見通しを発表し、最高益更新を見込んだことが好感された。きょうの日経平均を約24円押し上げる要因となった。半面、プレナス<9945.T>が売られ、3月19日に付けた年初来安値2185円を更新。15年2月期連結業績予想の下方修正を発表したことで嫌気された。

東証1部騰落数は、値上がり125銘柄に対し、値下がりが1664銘柄、変わらずが43銘柄だった。

 

(長田善行)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT