自宅にプロのシェフ招く「出張料理」の驚きの内容 これからのホームパーティーの新常識!?

印刷
A
A

そしてみんな大好き「シーフードグラタン」と「カレードリア」。どちらもコルシカで私がマストでオーダーしていたものです。それを超出来立てでたっぷりとサービスされて、ゲストの皆さんにも大満足いただけました。

シーフードグラタン、カレードリア(写真:Domani編集部)

ソースも一から作ってくれていた!

あの保冷バッグの中の下準備から、どのように作るのか… 興味津々でしたが食べることとトークに夢中でなかなかキッチンに近づけません。3回目でやっと、しかも後半に近づいてみると… ベシャメルソースを一から作っていた!! 保冷バッグにチラ見えしていた「特選」牛乳はこの素材だったんですね~。

ベシャメルソース(写真:Domani編集部)

川端さんのインスタには、事前のヒュメ(魚の出汁)やトマトソースの仕込みの模様が紹介されています。丁寧な下準備とその場の作り立ての美味しさ。まさにシェフならではの味を満喫させてもらいました。

スタートから約3時間。最後のお皿もみんなのお腹に収まって、でもトークは続きます(笑)。お腹は満腹だから、デザート用に準備しておいたフルーツを取りにキッチンへ。料理を作り終えたシェフの仕事は、すべて完了していました。

それまでに使ったお皿やグラスはピカピカに洗い磨かれ、シンクは空に。レンジは壁面まで全く料理の痕跡ゼロの状態に戻っている。レストランの厨房のお掃除力って凄いとは聞いていましたが……。本当にすごかったです。

すべてを清潔にピカピカに保つ。これもプロの仕事なんですね。ここでシェフをお見送りして、フルーツと残りのワインで年末トークは延々と続きました。

出張料理サービスを体験して、今まで何百回とお友達や仕事仲間をお招きしてきて、こんなに会話に参加したのは初めてだったと思います。自分が一番楽しんでしまいました(笑)。

体力も精神的にも余裕いっぱい。しかも自分の家の安心感。ゲストはわざわざお越しくださるけどその労力もない訳です。プロのシェフがメニューを提案し、下準備や買い出しをしてくれ、お料理を作って、片づけてくれる。レストランよりも贅沢なサービスだと思います。

注目を集める「出張料理サービス」、今回ご紹介したコルシカ 川端シェフ以外にもたくさん出てきているようです。怒涛の飲食業界にとっても新しい業態ですし、子育て中のワーママや、忙しくても人と家で食事をしたいビジネスパーソンにも歓迎されるサービスです。

お店から派遣されるシェフも、出張料理専門のシェフもいてお値段やサービスは千差万別。今後どんどんニーズが増えて、サービスが充実し、自分の味覚や好みに合う出張料理シェフリストを作れるほどになったらと期待しています。皆さんもぜひトライしてみてください。

(文:大島文子)

▶︎川端京太シェフのインスタグラム:@kyotakawabata
ブランディング コーチ:大島文子
ファッションや百貨店、化粧品、ライフスタイル雑貨などのブランディング支援、PRや販促を中心に活動している。6年前に(株)ブルーム&グローという会社を起業。Oggi.jpにて連載していた「ブランディング仕事術」はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT