自宅にプロのシェフ招く「出張料理」の驚きの内容 これからのホームパーティーの新常識!?

印刷
A
A

実は美味しいお料理に改めてハマってしまい、11月12月で3回もお願いしまして、今回のコラムの写真はその3回のまとめです。初回、お料理とトークに夢中になり、終わってみたら料理の写真しか撮れていなかった私。(素直にゲストと共に楽しんでしまって、コラム取材をさぼりました…)この写真は2回目6名のランチをお願いした時のモノ。

(写真:Domani編集部)

アシスタントさんと2人で来てくれました。我が家のキッチンにシェフ登場!です。調味料や素材はもちろん、お鍋やフライパン調理器具、そしてなんとフキンやスポンジの類まで持参して…… 到着後30分、ゲストの到着と共に、前菜からサービスが始まりました。

川端シェフのコルシカの味

まずは前菜の「冷製牛タン」からスタート。コルシカでも人気のメニューだったこの牛タン、とろとろの食感がたまりません。懐かしいコルシカの味です♡

冷製牛タン、ラタトゥイユ、アサリとほうれん草のバターソテー(写真:Domani編集部)

イタリアン定番の前菜「ラタトゥイユ」や「アサリとほうれん草のバターソテー」など懐かしい、優しいお味の料理もコルシカならでは。

平目のウニソース、グリルチキン(写真:Domani編集部)

そしてお魚料理は「平目のウニソース」。お肉は「グリルチキン」。実はこのグリルチキンはうちの夫が40年来食べ続けていた大好物。お店でも1回も浮気せずメインはこのチキンでした(笑)。添えてあるガーリック風味の醤油ソースとの相性が堪らないらしく、もう食べれないと諦めていたコルシカのグリルチキンがまた食べれたことに、感動していました。

次ページグラタン&ドリアも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT