レアメタル争奪戦の裏側、レアアース狂想曲と中国の対応



 短期的にはまず3R、つまりリデュース、リユース、リサイクルである。日本は世界一の希土類消費国だから、スクラップ原料が貯まっている。使用量の削減とともに、再利用と再資源化で問題を緩和させなければいけない。
 
 

長期的には、代替技術の開発とレアアース資源の採掘権の獲得だ。実は、レアアース資源は希少でもなんでもない。中国以外にもベトナム、ラオス、ミャンマー、マレーシア、豪州、カナダ、インド、ブラジルなど世界中に腐るほどレアアース資源は眠っている。今回のレアアース狂想曲は一過性の問題である。産業界は長期的視点で、多様性のある資源政策を進めていけばよいだけだ。
(オール投資2010年9月15日号[2010年9月6日発売]より)

なかむら・しげお
レアメタル専門商社アドバンスト・マテリアル・ジャパン代表取締役社長。静岡大学在学中から世界35カ国を放浪。26歳で中堅商社の蝶理入社。チタンやタングステンなどレアメタル(希少金属)部門で30年間、輸入買い付けを担当。2004年に日本初のレアメタル専門商社を設立。著書に『レアメタル・パニック』『レアメタル超入門』等


『オール投資』では、「レアメタルのプロ・中村繁夫の知らずに投資できるか レアメタル争奪戦の裏側」を好評連載中です。                                       

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT