ルノー・日産、ダイムラーとの提携を拡大

エンジンと変速機の生産でも協力

 10月3日、独自動車大手ダイムラーとルノー・日産アライアンスは、提携範囲を拡大し、エンジンと変速機の生産でも協力すると発表した。写真はルノー・日産のゴーンCEO、2日撮影(2014年 ロイター/Jacky Naegelen)

[パリ 3日 ロイター] - ドイツの自動車大手ダイムラーとルノー・日産アライアンス<7201.T>は3日、提携範囲を拡大し、エンジンと変速機の生産でも協力すると発表した。

ルノーはダイムラーに、メルセデスベンツのCクラス向けに、1.6(訂正)リットル4気筒シリンダー・ディーゼル・エンジンを供給する。

メルセデスは代わりに、日産のインフィニティ向けに、2リットル4気筒シリンダー・ガソリン・エンジンを提供する。

日産は、インフィニティ向けに、ダイムラーの9速オートマチック・トランスミッションの生産が許可されている。

ルノー・日産アライアンスのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は「この提携は5年目になるが、われわれの当初予想をはるかに上回る進展がみられる」と語った。

*英文の訂正により第2段落の「1.5」リットルを「1.6」リットルに訂正します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT