ルノー・日産、ダイムラーとの提携を拡大

エンジンと変速機の生産でも協力

 10月3日、独自動車大手ダイムラーとルノー・日産アライアンスは、提携範囲を拡大し、エンジンと変速機の生産でも協力すると発表した。写真はルノー・日産のゴーンCEO、2日撮影(2014年 ロイター/Jacky Naegelen)

[パリ 3日 ロイター] - ドイツの自動車大手ダイムラーとルノー・日産アライアンス<7201.T>は3日、提携範囲を拡大し、エンジンと変速機の生産でも協力すると発表した。

ルノーはダイムラーに、メルセデスベンツのCクラス向けに、1.6(訂正)リットル4気筒シリンダー・ディーゼル・エンジンを供給する。

メルセデスは代わりに、日産のインフィニティ向けに、2リットル4気筒シリンダー・ガソリン・エンジンを提供する。

日産は、インフィニティ向けに、ダイムラーの9速オートマチック・トランスミッションの生産が許可されている。

ルノー・日産アライアンスのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は「この提携は5年目になるが、われわれの当初予想をはるかに上回る進展がみられる」と語った。

*英文の訂正により第2段落の「1.5」リットルを「1.6」リットルに訂正します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT