なぜ日産から高級幹部の流出が相次ぐのか

ナンバー2が退任。ポスト・ゴーンは?

新車発表会の会場で記者の質問に答えるパーマー氏。日産副社長の座を9月15日付けで下りる

日産自動車からの高級幹部の流出が相次いでいる。

日産は9月2日、アンディー・パーマー副社長(51)が9月15日付けで退任することを発表した。パーマー氏は英国の高級自動車メーカー、アストンマーチンの最高経営責任者(CEO)に転身。その後任には、カルロス・ゴーン社長(60)の側近、フィリップ・クラン氏が仏ルノー副社長から転じる。

パーマー氏は、ゴーン社長に次ぎ、日産のナンバー2格を構成する、4人の副社長のうちの1人。ゴーン社長直轄下で商品企画やマーケティング、EV(電気自動車)事業などを統括していた。もともとエンジニア出身で、1991年に日産欧州法人に入社し、99年に日産が仏ルノー傘下に入った後の2002年、部長級で日産本社に移った。小型商用車事業の責任者として実績を上げ、06年に執行役員、09年に常務、11年に副社長と、トントン拍子に出世の階段を駆け上がっていた。

ゴーン後継者とみられていた

昨年11月に業績悪化で当時の志賀俊之・最高執行責任者(COO)が解任された際には、志賀COOから商品企画等の重要任務を引き継ぎ、ナンバー2格に位置づけられた。このことから、同じくCOO職務の一部を引き継いだ西川廣人副社長などとともに、ゴーン社長の後継者の1人と見る向きもあった。

離れたのはパーマー氏ばかりではない。

日産ではこの7月、高級車ブランド「インフィニティ」部門のトップだったヨハン・ダ・ネイシン氏が突然、米ゼネラル・モーターズ(GM)の高級車ブランド「キャデラック」部門のトップに転じたばかり。2カ月で最高幹部クラスの人材が競合トップに移るのは異常事態だ。

ダ・ネイシン氏は2年前、独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級ブランド「アウディ」の米国トップからスカウトした人材で、もともと流出する可能性は小さくなかったともといえる。しかしパーマー副社長は、日産で20年あまりのキャリアを積み上げてきた人材で、しかもナンバー2格だ。それだけにインパクトは一段と大きい。

次ページ「優秀な人材には巨額の報酬を」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT