なぜ日産から高級幹部の流出が相次ぐのか

ナンバー2が退任。ポスト・ゴーンは?

幹部の退任が続く中、ゴーン社長は自らの後任をどう考えるのか

ゴーン社長を巡っては、昨年、トップを兼務するルノーで、方針対立から更迭したナンバー2のカルロス・タバレスCOO(当時)が、仏の自動車大手・プジョーシトロエングループ(PSA)のCEOに転じている。この一件は、真っ正面からぶつかり合う競合トップへの転身とあって、業界に大きな衝撃を与えた。

巨額の報酬でも話題を呼ぶゴーン社長は、かねがね「世界中から優秀な人材を確保するにはグローバルレベルの報酬が必要であり、報酬を制限すると人材獲得に支障が出る」と述べるなど、巨額の報酬が人材確保に不可欠な投資であることを強調している。ルノー、日産の双方で相次いだ高級幹部の離反。ゴーン氏は今、十分な報酬を与えてこなかったことを悔やんでいるのだろうか。それとも自らの指導力に限界を感じ始めているのだろうか。

(撮影:今井康一)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。