自分色に染めたいモバイル端末--シャープのタブレットPC「NetWalker PC‐T1」《東洋経済モノ奉行》

自分色に染めたいモバイル端末--シャープのタブレットPC「NetWalker PC‐T1」《東洋経済モノ奉行》

スマートフォンに続き、タブレットPCが旬のデジタル端末になりそうだ。アップルのiPadに続き、デルが今夏、米国などでアンドロイドOS搭載機を発売。年末商戦期には、複数のメーカーからウィンドウズ7搭載機が続々発売される見通しだ。2009年がスマートフォン元年なら、今年はタブレットPC元年になる(はずだ)。

着火寸前のブームに先駆けて、実はシャープがタブレットPCを静かに発表していた。5月初旬発売の「NetWalker PC-T1」。発売直後に国内発売されたiPadに話題をさらわれた感があるが、ブーム到来を前に、あらためて使用感を確かめてみた。

タブレットPCはタッチパネルディスプレーを採用したモバイルコンピュータの総称。従来はノートPCのディスプレー部分が180度回転する「コンバーティブル」方式が主流だったが、今注目を集めているのはキーボードを搭載しないタイプで、「スレートPC」「ピュアタブレット」などと呼ばれている。PC-T1もこのジャンルだ。

PC-T1は重さ約280グラム、5型のタッチパネルディスプレーを搭載している。厚さ、大きさは長編小説の文庫本サイズ。写真では手元にあったiPhoneと比較しているが、本来の比較対象であるiPadと比べれば軽量・小型という点では大きく秀でる。 


■大きさをiPhoneと比較


■軽量な割に、厚さは結構ある

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。