自分色に染めたいモバイル端末--シャープのタブレットPC「NetWalker PC‐T1」《東洋経済モノ奉行》

自分色に染めたいモバイル端末--シャープのタブレットPC「NetWalker PC‐T1」《東洋経済モノ奉行》

スマートフォンに続き、タブレットPCが旬のデジタル端末になりそうだ。アップルのiPadに続き、デルが今夏、米国などでアンドロイドOS搭載機を発売。年末商戦期には、複数のメーカーからウィンドウズ7搭載機が続々発売される見通しだ。2009年がスマートフォン元年なら、今年はタブレットPC元年になる(はずだ)。

着火寸前のブームに先駆けて、実はシャープがタブレットPCを静かに発表していた。5月初旬発売の「NetWalker PC-T1」。発売直後に国内発売されたiPadに話題をさらわれた感があるが、ブーム到来を前に、あらためて使用感を確かめてみた。

タブレットPCはタッチパネルディスプレーを採用したモバイルコンピュータの総称。従来はノートPCのディスプレー部分が180度回転する「コンバーティブル」方式が主流だったが、今注目を集めているのはキーボードを搭載しないタイプで、「スレートPC」「ピュアタブレット」などと呼ばれている。PC-T1もこのジャンルだ。

PC-T1は重さ約280グラム、5型のタッチパネルディスプレーを搭載している。厚さ、大きさは長編小説の文庫本サイズ。写真では手元にあったiPhoneと比較しているが、本来の比較対象であるiPadと比べれば軽量・小型という点では大きく秀でる。 


■大きさをiPhoneと比較


■軽量な割に、厚さは結構ある

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT