ねじれ国会で注目高まる参議院改革の方向を提起--ベスト政治書『参議院とは何か 1947~2010』の著者、竹中治堅氏に聞く


 雑誌記事は、大宅文庫の書誌に当たり、その結果を国立国会図書館に資料発注依頼をして拾い出す。国立国会図書館には政治家と官僚について膨大なデータベースがある。それで、歴代議長はもちろんのこと、参議院自民党の議員会長、幹事長、国会対策委員長、閣僚経験者などを検索して、その人たちの書いたもの、書かれているものを探した。

そのうち必要なものは古書店のデータベースを活用して買いまくった。安いから買うのにおカネはかからない。それでも購入できないものは、図書館データベースで検索して取り寄せた。ただ実際には、これは、という資料にはほとんど突き当たらず、いわば近くの砂浜で砂金を探すようなものだった。

--中でも、苦労された章は?

参議院は1947年から始まるが、年代をさかのぼるほど苦労した。第1章(内閣の鬼門--吉田茂と参議院)がいちばんつらくて、次が第2章(議長の時代--松野鶴平と重宗雄三)だった。その次に大変だったのは第3章(河野謙三の登場)、そして第4章(五五年体制の崩壊と参議院)……。現代に近づくにつれ執筆ピッチが加速していくのはわかっていた。最近のことは書きやすい。

--たとえば第1章の何が大変でしたか。

その時々の参議院の役割を立証しようとして、法案修正へのかかわりに注目した。吉田内閣のときに参議院で法案修正をたくさんしている。その実態をとらえるには、まず法案の内容をきちんと理解していないとならない。内閣で法案を準備して衆議院で審議し、参議院に回ってくる。その全プロセスを把握しないと、参議院がどういう形で影響力を行使したかわからない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • 最新の週刊東洋経済
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?