日本の高炉鉄鋼メーカーを取り巻く需要環境の変化と、原材料値決め変更などへの対応《ムーディーズの業界分析》


 また、鉄鋼各社は外需の取り込みに注力しており、輸出比率が拡大しているが、輸出の販売価格は従来から四半期ベース(またはスポットベース)であり、結果として値決めシステム変更のリスクを緩和する効果があろう。

[+]画像拡大

このような原材料調達条件が不安定化することへの対策として、日本の鉄鋼メーカーによる原材料権益の取得拡大も進むのではないかとみている。原材料権益が拡大すれば、収益の安定拡大に寄与するからである。ただ、日系メーカーの取得戦略は非常に慎重に行われている。埋蔵量や品位が確認済みの案件で、コスト的に十分見合うものに絞るとのことだが、現状の財務力等を勘案すれば適切な選択であろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング