日本の高炉鉄鋼メーカーを取り巻く需要環境の変化と、原材料値決め変更などへの対応《ムーディーズの業界分析》


 また、鉄鋼各社は外需の取り込みに注力しており、輸出比率が拡大しているが、輸出の販売価格は従来から四半期ベース(またはスポットベース)であり、結果として値決めシステム変更のリスクを緩和する効果があろう。

[+]画像拡大

このような原材料調達条件が不安定化することへの対策として、日本の鉄鋼メーカーによる原材料権益の取得拡大も進むのではないかとみている。原材料権益が拡大すれば、収益の安定拡大に寄与するからである。ただ、日系メーカーの取得戦略は非常に慎重に行われている。埋蔵量や品位が確認済みの案件で、コスト的に十分見合うものに絞るとのことだが、現状の財務力等を勘案すれば適切な選択であろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?