日本の高炉鉄鋼メーカーを取り巻く需要環境の変化と、原材料値決め変更などへの対応《ムーディーズの業界分析》


VP−シニア・アナリスト
岡本賢治

世界の鉄鋼生産は、2009年はリーマンショックの影響でマイナス成長となったが、需要環境は09年第1四半期を底に回復基調にある。この回復を牽引したのは中国やインドである。これらの諸国はリーマンショック後の落ち込みも小さく、回復も堅調に推移した。一方、日米欧といった先進国も、一時稼働率が低迷していたが、足元では回復している。ただ、リーマンショック前の水準と比べると約8割程度にとどまっている。

[+]画像拡大

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。