日本の高炉鉄鋼メーカーを取り巻く需要環境の変化と、原材料値決め変更などへの対応《ムーディーズの業界分析》


VP−シニア・アナリスト
岡本賢治

世界の鉄鋼生産は、2009年はリーマンショックの影響でマイナス成長となったが、需要環境は09年第1四半期を底に回復基調にある。この回復を牽引したのは中国やインドである。これらの諸国はリーマンショック後の落ち込みも小さく、回復も堅調に推移した。一方、日米欧といった先進国も、一時稼働率が低迷していたが、足元では回復している。ただ、リーマンショック前の水準と比べると約8割程度にとどまっている。

[+]画像拡大

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。